どんな人? 私の思い 自己紹介

誰もが陥る危険のある私の競馬大失敗経験

更新日:

競馬が好き、って言えますか?

私は、塾形式の競馬コミュニティーを運営しています。

ですから、私は競馬が大好きです。

でも、交流会などの場の自己紹介で、

「私は競馬が大好きです」、と言うと、

今でもかなり多くの方が、

「競馬って大丈夫なの?」

「競馬はギャンブルでしょ?」

って、この人大丈夫?って心配な感じで、言葉を返してくれます。

そうですね。その心配は分かります。

同じような経験をされた方は、意外に多いようです。

なぜでしょうか。

水戸黄門が競馬のイメージを悪くした?

カジノについてもそうですが、賭け事に良いイメージを持っている方は、かなり、多いのだと思います。

私が推測ですが、このイメージは、「水戸黄門」というドラマによって、日本中に定着したんだと思います。

水戸黄門に登場する町民の若者が、何かのきっかけで、ぐれて、賭場に出入りしているシーンを良く見かけました。

そして、家から持ち出したお金を、賭けに負けて、身ぐるみ剝れて、追い出される、というようなシーンです。

これを小さい頃から見ていたら、賭け事はダメなんだ、悪い奴らにお金を取られるんだ、って誰しも思いますよね。

そのまんまのイメージを、”競馬”に対しても、投影してしまっているのではないでしょうか。

一時期、流行った、任侠映画にも、賭場、競馬のシーンが出ていますが、普通ではない悪い人たちがやっている、というイメージが強いように思います。

確かに、競馬は、”ギャンブル”という顔も持っています。

でも、”ギャンブル”にするかどうかは、競馬をする人の取り組み方、次第なんです。

正しい競馬との付き合い方を知っていただくためにも、、

私が、競馬を”ギャンブル”にしてしまった、

大きな失敗経験を、お伝えします。

この内容をご覧になった方が、同じ経験をしないように、

すでに、同じ方向の入り口にいる方は、これからお伝えする、

私の大きな失敗、

を読み進めて頂ければと思います。

私の過去の大きな失敗

遡れば、今から5年以上前になると思います。

独身の頃は、府中競馬場まで1時間もかからない場所に住んでいたので、結構競馬場に通っていました。

友達に誘われて競馬場に行ったのが競馬を始めたきっかけです。

最初は競馬新聞の見方も分からないし、出走前の馬の状態が見れるパドックに行っても、どの馬が良いのかさっぱりわからない。

馬の毛色は、茶色だけじゃなくて、黒、白、色々あるんだ、へー、って感じたくらいでした。

でも、競馬場に通っているうちに、

普通に予想すれば、1,2着を当てる”馬連馬券”で勝てるだけの予想力は持っていたと思います。

その後、数年が経ちます。

バブル経済になる前に結婚をして、

ちょうど仕事も家庭も忙しい時期がありました。

競馬はしたいけど、時間がない。予想する時間も取れない。

でも、競馬の的中の醍醐味は味わいたい。

そう思っていました。

的中の1番の醍醐味は、何だと思いますか?

お金!

確かにそれもあります。配当金がもらえますよね。

でも、最大の醍醐味は、自分の推理が証明される、というところにあるんだと思います。

1レース最大18頭が出走して、2000メートルもの距離を走ってゴールする馬の着順を、推理して、

それが、実際に、予想した通りの組み合わせのまま、ゴールを通過した時の”達成感”こそが競馬の最大の醍醐味だと思います。

その醍醐味を、忙しくて味わえない、というのがその頃の私の状況でした。

忙しいけれど、なんか、簡単に競馬ができる良い手立てはないかなー、と考えました。

ちょうど、インターネットがだいぶ普及し始めた時期でした。

仕事でもパソコンを使うので、FMVというパソコンを秋葉原で買って、家で使っていました。

Yahoo ADSLというインターネット回線も引いていました。

そうだ、なるべく時間を使わずに出来る競馬ってないかな、

インターネットで検索してみよう!

そう思い立った時がありました。

パソコンを立ち上げて、インターネット検索で見つけて、とある競馬の塾、に入りました。

勉強会も実際に開催されていたし、交流会もありました。

でも、入ってみたら、入る前には稼げると思っていたのに、実践してみると、それまで準備した投資資金全部を溶かすことになってしまいました。

これは、泣くに泣けないことでした。負が少しずつ大きくなって、1レースに20万円以上も突っ込んだのです。

習った通りのことを実践したのに・・・・

塾の交流会で、このことを報告したところ、予想に反して、

50万くらいは、みんな溶かしたことあるよ、とその場で言われました。

えー、まじー?と思いましたが、そこからが、成長だと言われたように思います。

なんか思っていた状況とと違う。

このまま投資できるという買い目の配信も受けましたが、連敗が重なり、競馬資金以外の預金も溶かしてしまいました。

結局は、短時間で競馬をすることが出来ず、

その損失を取り返すためには、もっと時間をかけて学ばなければなりませんでした。

思い描いた世界はどんどん遠くなって、悔しい思いだけが残りました。

あぁ、なかなか良いものはないんだ、とその時は、本当に心折れました。

そのあとの私の発想が、さらにバカでした。メンタル的に追い込まれ、そんなダメな状況では良いアイデアが浮かぶはずもありません。

本当に今から思えば、バカだと思いますが、

時間もお金も余裕がないから、一気に回収してやる、

って、浅はかなことを考えてしまったんです。

またまた、インターネット検索をしました。

毎週、高額的中するって宣伝しているサイトってどう? 載せてる実績もすごいじゃん、

って思うサイトを見つけて、情報を買ってみました。

でも数万の情報もさっぱり当たらず。資金は、マイナスに。高い情報程精度が良いとだまされ、当たらず損失が増えました。

でも、そんな状況でも、大逆転してやる!

と、数種類の情報サイトを利用しまいしたが、マナナスがプラスに転じることはありませんでした。

そこで完全に折れました。お金が無くなり、まったく競馬をやらなくなりました。

失敗したままで良いのだろうか

一時期は、完全に競馬から離れました。

でもある時、このままで良いんだろうか?

ちょっと待てよ。

独身で時間があるときに、自分の予想でやっていたら、結構勝っていたじゃないか?

仕事や家庭での忙しさを理由にして、

時間がないからと、手軽に利用できる方法に頼ったのが、そもそもの間違い、

明確な根拠のない、人の情報を頼りにしたから、ダメだったんじゃないか、と考えなおしました。

当時は忙しかったので、寝る時間を惜しんで、隙間時間も無駄にしないように、

1年間、ひたすら競馬の過去のデータを研究しました。

データから判断して、これは、というアイデアを出しては、確認しました。

でもなかなか見つかりませんでした。

それが、ある時、ふっと、単勝投資競馬術の元となるアイデアが浮かびました。

次の1年はひたすら検証を重ねました。

正直、その努力を今やれ、と言われてもできるかどうかわかりませんが、

その努力の結果、シンプルでも再現性の高い、馬券術を生み出すことが出来ました。

同じような経験をされた方は、思いのほか多いことが、競馬のメルマガを発行してみて分かりました。

そこで、必要としている人のために、自分のノウハウを役立てて頂きたいと、最初は1種類の投資競馬術を、マニュアル化しました。

少しでも多くの人が、私と同じ失敗をしないように、すでに失敗の入り口に差し掛かってしまった方のお役に立てるように。

マニュアル化すれば、私の2年間の努力の結果だけを手にすることができる、と考えました。

マニュアルは、時間と努力を一気にワープさせる力を持っています。
あなたが1から努力して開発する必要は全くないのです。

土日の午前という時間を短時間の投資として有効活用する事が出来るのです。

経験してプラスになる失敗と、しない方が良い失敗があると思います。
出来れば私と同じような競馬の失敗はしないようにお願いします。

もし、現状を改善したいと、本気でお考えの方は、ご連絡下さい。

メール:メール送付はこちらをクリック
LINE:友達追加からの連絡はこちら
band掲示板:参加申請して盛り上がろう

-どんな人?, 私の思い, 自己紹介
-,

Copyright© 愛され投資競馬術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.